空室検索

宿泊日/Check-in

日程未定

一室の人数/Guerts

部屋タイプ

ご予算/Price


鹿の湯の由来

今から1300年ほどまえ、孝徳天皇の御代、
猟師が山中で全身白色の鹿に出合い、その後を追いかけると、突然姿が消えて、
熱湯が湧き出した。その湯煙に中に金色の御仏、信濃国分寺の本尊、
薬師如来が現われて、「多くの人の病苦を救い、長寿に効く、 霊湯にしたい」と
お告げになられたのがはじまりと伝えられています。

窓から見える景色には、四季の鹿沢を彩る自然が皆様をお出迎えしています。
グリーンシーズンには、新緑の緑がまぶしく。ウィンターシーズンには、
しっとりとした雪景色。何度訪れても異なる表情を見せてくれます。

温泉に浸かり季節の景色を愛でる瞬間

ほんのり茶色の温泉に浸かると、舞い上がるのは、黄色の湯の花。
パックをするように体になじませてマッサージするとお肌もツルツルに。
浴槽に固まっているのは湯の花が結晶化してものです。

黄色の湯の花

泉質・効能

泉 質 アルカリ性炭酸泉
温 度 45度
効 能 腸病/ 気器支炎/ 神経痛/ リュウマチ/ 婦人病/ 痔/ 切傷/ 火傷/ 慢性皮膚病/ 胃腸病/
効 能 病後の静養等に特効があります。飲泉は特に効果があります。
宿泊プラン